Miyuのブログ

Miyu-Morning

モーニングやランチ、たまに旅行など載せています

犬山 日帰り温泉 さら・さくらの湯

何気に通った道に日帰り温泉の看板を発見

 

長年愛知に住んでいても知らない場所っていっぱいあるんだなぁ

f:id:sazamyu0821:20190131144149j:image

場所は犬山市にあります

犬山に温泉があるのは知っていました

犬山城がある城下町に犬山観光ホテルや名だたる宿が集まる場所が【犬山温泉】だと思っていました

f:id:sazamyu0821:20190131200024j:image

犬山市民健康館 

自然とふれあうことができ、市民誰もが訪れたくなるような保健・福祉ゾーンの活動拠点として、「市民の健康をテーマとした保健・医療・福祉の幅広い連携」を基本とし、健康・福祉に関するさまざまな情報を総合的に案内し、市民に啓蒙していく21世紀型の健康福祉施設を目指し、平成13年6月にオープンしました。
愛称は、市の花が桜ということ、また、「さら」はスペイン語で「部屋」の意味があること、せせらぎの「さらさら」が里山のイメージがあることから名付けられました。
建物は、建築家内井昭蔵氏の設計で緩やかに湾曲し、利用者がアプローチする北側(正面)に対しては建物により囲みながら柔らかく招き込むようになっています。南側は自然に対して開き、周りの自然を取り込みながら外部の庭と連続した構成になっており、交流ホール(円形の多目的ホール)、健康相談室、各種会議室、入浴施設などを配した鉄筋コンクリート造り2階建です。
入浴施設『さら・さくらの湯』は、当市と友好関係にある岐阜県郡上市明宝の明宝温泉の源泉を入れ、内湯と露天、スチームサウナ・打たせ湯を備え、月により男女を交代します。
なお、入浴料は、市内外を問わず同一料金となっています。

f:id:sazamyu0821:20190131144133j:image
f:id:sazamyu0821:20190131144208j:image

明宝温泉(さら・さくらの湯)概要
泉質
天然ラドンを含むアルカリ性単純温泉(加水・加温)
(注)岐阜県郡上市の明宝温泉湯星館では加水しておりません。
効能
神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復、うちみ、くじき、痛風、関節痛、動脈硬化症、高血圧症、胆石症、慢性婦人病、健康増進など


f:id:sazamyu0821:20190131144153j:image

店内はとても清潔感があります

細かな場所にも手が行き届いておりました
f:id:sazamyu0821:20190131144159j:image

充実した自販機コーナー
f:id:sazamyu0821:20190131144214j:image

マッサージチェアーも4機あります
f:id:sazamyu0821:20190131144139j:image

かなり広い休憩所完備

入浴後ゆったりできます

f:id:sazamyu0821:20190131165416p:image

営業時間午前10時~午後8時30分

(入浴受付時間は、午後8時まで)

 

入浴料一般 500円 

(回数券12枚綴り、5,000円)

65歳以上・障害者・小中学生 300円

小学生未満 無料休館日毎週月曜日(月曜日が国民の祝日にあたる場合は、その翌日)および12月28日から1月4日までです。

開館時間午前9時から午後9時30分までです(金曜日・土曜日:午後10時30分まで可)。休館日毎週月曜日(月曜日が国民の祝日にあたる場合は、その翌日)および12月28日から1月4日までです。

 

 

〒484-0061 

犬山市大字前原字橋爪山15-2

0568-63-3800 

 

交通アクセス
火曜日~金曜日には、名鉄犬山駅東口からの市民健康館(さら・さくら)行きの犬山市コミュニティバスあり